ホーム作品一覧>密室強制射精 vol.2 鬼畜カメラマンVSハーネスの男

クリックしてね!


密室強制射精 vol.2 鬼畜カメラマンVSハーネスの男





レーベル:MANTA

シリーズ:密室強制射精

出演モデル:茂原ユーキ / 浅野太一 / 藤岡五郎

型番:RPMA-0002

JANコード:4571234690078

発売日:2008/07/15

業者様への初回発送日:2008/07/13

定価[税込]:¥8000

収録分数:100min

メディア:DVD VIDEO(プレス形式)

DVD記録形式:片面1層

映像:MPEG2 COLOR 16:9 LB ハイビジョン撮影

音声:1日本語 STEREO DOLBY DIGITAL

リージョンコード:ALL NTSC

注意事項:セル専用 レンタル禁止 複製不能


ゲイ業界初!性器の形どおりグニョグニョ動く「ギリギリモザイク」採用!!延々と続く亀頭責め 出したいんだったらお願いしてみな…

【シーン1 茂原ユーキ】
173cm 90s 19才。「あぁっ、キモチイイー」背後からマスクマンにジーンズ越しにチンコを揉まれて、悶えてしまうユーキ。じわじわと服を脱がされていく。若くて敏感なカラダ。パンツを脱がせば、先走りが滲み出たチンコがビンビン状態だ。乳首とチンコを背後から責められ、立った体勢のまま、カメラに向けて「あーイキそう、イキそう、イクッ、アー!アッ、アッ!」とフィニッシュ。

【シーン2 浅野太一】
172cm 98kg 30才。ボディボードが趣味だという彼は、全身ムチポチャのボディが魅力的。背後からマスクマンに乳首やチンコを責められ吐息が漏れる。マスクマンの言葉責めに「キモチイイ…」を連発。パンツはすでに先走り液でヌルヌル。パンツを脱がされた後も、チンポは常にヌルヌル状態。マスクマンに延々と責められながら、最後は「イクッイクッ」という控えめな声とは裏腹に、大量の精子をぶちまけた。

【シーン3 藤岡五郎】
181cm 110kg 33才。「チンコが熱い!!」男に責められ思わず口走ってしまった五郎。今回はハーネスとツナギを着させられ撮影に挑んだ。鬼畜カメラマンに言葉で嬲られ、サングラスマンからは電動マッサージ機と手と口と足まで使った亀頭責めの洗礼を受ける。鬼畜カメラマンの「出したいんだったらお願いしてみな」の言葉に「チンポからザーメンを出させてください!」と懇願する五郎。ノンケのプライドをズタズタにされ、屈辱の表情を浮かべながら「うわー!イクー、イクー、イクー!!」と叫び、ザーメンを絞り出した。

【シーン4 etc...】
シーン1からは、ユーキがマスクマンに扱き方についての希望を言っているところを収録。シーン2からは、太一がなかなかフィニッシュを迎えられず思わず苦笑いしているところを収録。シーン3からは、五郎がハーネス装着に手こずっているところ、ジャケット撮影の様子、撮影終了直後に撮影中に笑いを堪えていたことを暴露する様子などを収録。

業者様への初回発送日は2008/07/13です。ご注文お待ちしております。

サンプル動画 高解像度(WindowsMedia 112.0MB)
サンプル動画 中解像度(WindowsMedia 29.5MB)
サンプル動画 高解像度(QuickTime 110.0MB)
サンプル動画 中解像度(QuickTime 28.8MB)
※「右クリック→対象をファイルに保存」等でダウンロードしてください

●サンプル動画 低解像度(FLASH)





●ジャケット画像


●シーン1 茂原ユーキ

173cm 90s 19才。「あぁっ、キモチイイー」背後からマスクマンにジーンズ越しにチンコを揉まれて、悶えてしまうユーキ。じわじわと服を脱がされていく。若くて敏感なカラダ。パンツを脱がせば、先走りが滲み出たチンコがビンビン状態だ。乳首とチンコを背後から責められ、立った体勢のまま、カメラに向けて「あーイキそう、イキそう、イクッ、アー!アッ、アッ!」とフィニッシュ。


●シーン2 浅野太一

172cm 98kg 30才。ボディボードが趣味だという彼は、全身ムチポチャのボディが魅力的。背後からマスクマンに乳首やチンコを責められ吐息が漏れる。マスクマンの言葉責めに「キモチイイ…」を連発。パンツはすでに先走り液でヌルヌル。パンツを脱がされた後も、チンポは常にヌルヌル状態。マスクマンに延々と責められながら、最後は「イクッイクッ」という控えめな声とは裏腹に、大量の精子をぶちまけた。


●シーン3 藤岡五郎

181cm 110kg 33才。「チンコが熱い!!」男に責められ思わず口走ってしまった五郎。今回はハーネスとツナギを着させられ撮影に挑んだ。鬼畜カメラマンに言葉で嬲られ、サングラスマンからは電動マッサージ機と手と口と足まで使った亀頭責めの洗礼を受ける。鬼畜カメラマンの「出したいんだったらお願いしてみな」の言葉に「チンポからザーメンを出させてください!」と懇願する五郎。ノンケのプライドをズタズタにされ、屈辱の表情を浮かべながら「うわー!イクー、イクー、イクー!!」と叫び、ザーメンを絞り出した。


●シーン4 etc...

シーン1からは、ユーキがマスクマンに扱き方についての希望を言っているところを収録。シーン2からは、太一がなかなかフィニッシュを迎えられず思わず苦笑いしているところを収録。シーン3からは、五郎がハーネス装着に手こずっているところ、ジャケット撮影の様子、撮影終了直後に撮影中に笑いを堪えていたことを暴露する様子などを収録。